南相馬市

ツイッターでこんな記事がリツイートされてました!

驚きましたね! 

南相馬市立総合病院の及川副院長のお話が、衆議院議員・徳田毅氏の
オフィシャルブログで紹介されてたのですが(4/17のブログ)








3/12の一度目の原発の水素爆発の直後、原発周辺から逃げてきた人々の
放射線量を調べたら、十数人の人が10万cpmを超え、ガイガーカウンターが
振り切れた!

それは衣類や自動車に付着した放射性物質により二次被曝するほどの高い
数値だったが、政府からそれほど深刻な状況だったとの発表はない!

(13日の会見で被曝した可能性のある9名のうち、4名が少なくて1800cpm、
 多くて40000cpmだったと発表!)

意図的な隠ぺいなのか、政府が情報収集能力に欠けているのか、私には皆目見当
もつきませんが、いわき市北部に従兄弟がいる私としましては悲しすぎる出来事です。











ところで、やっとマイクロシーベルトとかベクレルとか馴染みましたが、
cpmって単位がまたわからない~    







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • マーシャル諸島の被曝者たち

    Excerpt: 日本は、人類史上初めて核兵器を使用された歴史を持っています。「ヒバクシャ」は、国際語です。しかし、ある意味でヒロシマ、ナガサキ以上の被害を受けたマーシャル諸島の被曝者たちについては、ほとんど知られてい.. Weblog: マーシャル諸島の被曝者たち racked: 2011-04-21 12:38