入浴は日本人の文化

インターネットニュースを見ていてビックリしました!

東日本大震災の各避難所の責任者へ調査した結果が出てました。

ただし調査に応じたのは30.9%で、沿岸部の被害の大きい市町村では回答が無いんだそうで、実際にはもっと悪いだろうとのことです

323ヵ所 / 1047ヵ所 (12日時点)

 ★入浴 週に数回できる・・・・・62.2%
      
      週に1回できる・・・・・・32.8%

      5%にあたる16ヵ所はこの1ヶ月1度も入浴していない!


 ★食事 温かい物を毎日食べられる・・・・・約60%

      おにぎりやパンはあるが、温かい食事が1ヶ月まったくゼロが7ヵ所!

 ★替えの下着 全くないか、あっても洗濯できないが151ヵ所!












回答をした所は比較的マシなはずの避難所ですよ!

信じられません!

支援にはお金がかかりますが、当院はできるだけ長期的にお手伝いしたいと
思います。

それにしても群馬県庁のコメントにはかなりの違和感を覚えますねぇ・・・・

            

【救援物資の受付を一時停止】
被災地から、救援物資の確保ができる見通しがついたとのことから当面
救援物資の受付を一時停止したい旨の要請がありました。
4/12から当分の間、救援物資の受付を一時停止させていただきます。

コレ、本気で言ってるんでしょうか?

















大口の企業・団体から個人の方まで、救援物資が累計100トンを超えたようで
それは大変素晴らしいことだと思います。

被災地の方々のニーズに合わせた臨機応変な救援活動が必要に感じますが・・・

私だけでしょうか?





















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック